テスト

断捨離の法則について

皆さん こんばんわ

今回は「見えないけど感じているもの」の話をしようと思います。

 

f:id:sany_safari:20180213211159p:plain

昨今話題の「断捨離」
これは、物を捨てることで、マインドフルネスの向上を図る試み。
という認識で齟齬はないでしょう。

 

では、どうしてマインドフルネスが上がるのだろうかという、ことに意味づけを見出してみたい。

 

一言でいうと、「人間は意味のあるものを同時に多数処理できない」のではないだろうか。だから、パンクしてしまっている生活を変える必要があると。

 

たくさんやることがあるのと無いのでは、一見「やることがたくさんある」方が、充実しているように見える。
しかし、物起点で行動を起こす人間には、必然的に、物が増える=やらなくてはならないことが増える のではないだろうか。

前の一見の例では「やること」を「やらなくてはならないこと」と認識していた人はすごく少ないのではないだろうか。

だから、物を買うことに躊躇がなく、やらなくてはならないことから離れる断捨離が進まないのだと考えた。

この点では「捨てたとしても必要ならもう一度買うから」という意見は正しいのだろう。

 

最後に

本当はやりたくないのに、やっていることは何ですか

それは何が起点でおこっていますか

 

おやすみなさい