• 自己紹介
  • 抽象 → 具体
  • 具体 → 抽象
  • 所感
  • 資格

桜の下には死体が眠る

皆様 お久しぶりです。
桜が満開ですね。毎年のことなのに、毎回その美しさに感激しております。

さて「桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!」という文章をご存知でしょうか。
私も詳しくは知らないのですが、どうやら『櫻の樹の下には』という小説の冒頭文のようです。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AB%BB%E3%81%AE%E6%A8%B9%E3%81%AE%E4%B8%8B%E3%81%AB%E3%81%AF

本文は『櫻の樹の下には』とは全く関係ありません。

 「桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!」という強烈な文章を記憶してから、もう数十年は経った気がします。

小説自体は読んだこともなく、ただただこのフレーズの意味のなすところをあれこれ考えていました。

「土となりて報国となす」を示すような武士道的精神なのかと思っていましたが、少し視点の違った解釈ができましたので、記します。

 

桜とは、どのようなところに咲いているのでしょうか。
人が集まれる所ではないでしょうか。

桜があったから人が集まる場所になったのか、人が集まる場所に桜があるのかはわかりません。

しかし、一つ言えるのは そこは殺生ごとが起こるような場所ではない ということです。

つまり
桜の下で死体となった人は、少なくとも殺された可能性は低い 
のではないでしょうか。

 

どこで、死ぬのかわからなかった時代もあったでしょう。
「桜の下で死ぬことができる」という意味を持っていたのだとしたら、
趣がある一言だと思います。

 

Sany.